車検を受けていないと罰金を払うことになるかも?

ピックアップ

車検を受ける時はペーパー車検にご用心

何箇所かで見積もりを出してもらい比べてみよう …

READ MORE

分解点検の仕組みを理解しよう

車検代が安い業者でさらに費用を抑えるポイントは?…

READ MORE

車検と人の健康診断と同じです

普段日常に不可欠となっている愛車ですが、購入初年度は3年その次からは2年に一度車検があります。車検というのは、私たちでいうと健康診断と同じです。私たちが健康診断する理由は、悪いところがないかの確認と酷くなる前に治す目的です。普段そんなに車のことを考えて使用しているわけでもないですし、整備の資格などや車に詳しい方でなければ少しの異常にも気が付かないものです。
車も同じで、悪いところが無いかまた酷くなる前に治すためにあるのが車検です。私たちが体の悪いところがでても他人に迷惑をかけることって、なかなか無いですが車に関しては同乗者や歩行者にまで被害を与える可能性があるので車検はとても大事な役割を果たしています。
ただ、車検といういと費用が非常にかかってしまいます。ここも劣化しているので、今のうちに一緒に交換しましょうかと言われる方も多いと思います。そうなると、金額も高くついてしまうので安い金額で車検をしてくれるお店を探してただ安さだけで車検依頼をする方も多いと思います。
気を付けなければいけないことは、安いからといって金額面で安心できても車には安心を持てないことも多いです。安く、そして安心して車検をお願いできる車屋の選び方は即直しが必要でなければ、後日に案内できる車屋。また、車検のどこを確認して大丈夫だったから問題があったなど細かく説明してくれるお店がおすすめです。

車検までには全ての書類を用意して計画的に受けましょう

車を持っていると、きちんと保安基準を満たしているかどうかを2年に一度検査をするために車検を受けなければなりません。書類も全て揃えておかないとならないのできちんと用意しておきましょう。車検を受けていない車は公道を走れなくなり、それに違反をすると点数が6点及び30万円以下の罰金もつく上に、任意保険も切れている状態なのでもしも事故を起こしても補償がされないことになってしまいます。
車検を忘れずに受けておくと、このような事態に陥らないというメリットがあり安心カーライフを送れます。検査を受ける場所として、町にある工場、車の販売店、ガソリンスタンドなどもありますが、車検センターやディーラーでの車検は陸運局に持ち込まなくてもよいので、安い車検を希望している場合は国土交通省からの指定工場が自社工場内にあってそこで車検ができる所が良いでしょう。
必要な書類は車検証、納税証明書、自賠責保険証などです。もうひとつ車検が安くなる方法としては、ユーザー車検があります。運輸支局等までご自分の車両を持ち込み、検査を受ける方法で、業者を通さない分、経費も抑えられます。日々お車の整備をしている方やお車に詳しい方などがユーザー車検を利用される事も多いです。検査項目がクリアできれば、重量税と自賠責保険、そして2000円前後の印紙代の法定費用だけなので、業者に対しての検査費用がない分だけ安い車検となる方法です。

イチオシ

分解点検の仕組みを理解しよう

車検代が安い業者でさらに費用を抑えるポイントは? 車検は、自動車維持費用の中でも1回…

READ MORE

車検を受ける時はペーパー車検にご用心

何箇所かで見積もりを出してもらい比べてみよう 2年に一度、自動車を所有している人は車…

READ MORE

車検費用は見積もりを取ってチェック

車検は安心して運転する為の車の健康診断 愛車を持っている方なら殆どの方が車検を経験さ…

READ MORE

Copyright(C)2018 安い車検サービスを提供する会社の選び方をご紹介 All Rights Reserved.